iPhone5をハワイで使ってみた結果

今年、ハワイにiPhone5を持っていったときは、めちゃくちゃ使用感良かったです!
3年前にハワイに行ったときは、ドコモの海外ローミング対応電話を貸し出してもらったりしてたんだけど、今回は空港着いて電源入れたらそれだけでAT&T 4G に繋がっちゃいました。

Goggleマップをみたら、当たり前だけど”ホノルル国際空港”を表示してましたー笑

hawaii201307

ほんとに簡単です!
隣にいた先輩と、ホノルル空港でのバスを待つ時間にLINE友になれました。
ちゃんと「ふるふる」を使ってです。

日本にいるのと何もかわらないんですねー

ガイドブックを持ってこなくても、
Googleマップを使ってお店を検索したり、口コミを探したりできますね。

一緒に行ったメンバーのなかには、日本からWIFIをレンタルで持ってきてる人もいました。

パケ死って知ってますか?

国内のauやDocomoやソフトバンクで契約しているスマフォを海外に持っていくと、
それぞれの携帯会社がハワイの現地の提携している携帯会社のアンテナを使わせてもらうことができるんですが、
これをローミングって言ってます。

iPhoneって国際規格で作られてるので、
世界中どこに行ってもだいたい簡単に携帯会社のアンテナを拾うんですよね。

たまに、提携していない現地の携帯会社につながっちゃうと、
割引とか何もないので、使った分だけ標準料金で請求がきちゃうっていうのが、パケ死です。

日本から海外で使えるWIFIルーターをレンタルで持ってきた人は、コスト意識がしっかりしてますねー

宿泊したヒルトンワイキキでは、インターネット接続サービスが有料でした。
日本円で1日1,000円ちょっとしますが、ホテル敷地内だけでしか使えません

レンタルを持っていくのはいい方法ですね。
世界中でインターネット!グローバルWiFi

わたしは、auのiPhone5を持って行って、ホノルル空港で電源をONした瞬間から
現地のAT&T 4Gの電波を使ってました。もちろんauのハワイでの提携先になりますので海外定額です。

au海外定額で、現地5日間使ったので請求はこんな結果に、

私の実際の請求情報
hawaii20130702

ハワイでのauの海外定額は、申し込みなしで自動で定額になるサービスだったのでパケ死はなく安心でした。
それでも、5日間で、約14,000円のパケット料を使ったことになります。

定額がなかったら35万円!!なんですね。。。

 

日本に電話するのも簡単、いつも通りに発信したら勝手に国番号とか付けて発信してくれてます。
なので、日本からかかってくると普通に着信しちゃいます。着信料がかかるし、相手はこっちが海外だと知らないでかけてきてるので、通話料が高くなっちゃいますのでご注意ですね。

請求情報の写真にもあるんですが、着信するだけでこっちは160円払う必要があります。
一度だけ弟と電話をしたので、その電話代が1,000円くらい課金されてました。

日本からだと知らないでかけてくる人いると思うので、
普段から電話が多い人は、電源を切っておくほうがいいのかなー

ハワイでもつながりやすくて便利!なのに困っちゃう点もあるっていう実感です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ