新幹線もケルヒャーで洗車してる!?

車を買い替えたんですが、今回もなんとかコートという車の塗装面を守るコーティングが付いてきました。

コーティングをしておくと洗車が簡単になるんです。
ざっと言うと、だいたい水で流すだけで汚れが落ちるってこと。
雪道を走った後なんかのちょっとザラっとした汚れでも撫でながらあらうだけで汚れが落ちるっていう便利なコーティングなんですね。

少し前だと、”カーピカランド”みたいな名前の自動車洗車場が全国にありましたよね!?
こんな自動車洗車スペースがどんどん街中から消えてしまってます。

うちの近所でも、5年前に月1回通ってた洗車場が、ある日突然コンテナ倉庫へ業態変換してました!
あー洗うところがない。。。
次に見つけた洗車場はすっごく古い設備でしたが、洗いたい人でいっぱいでした。
じっくり車を洗う人が減ったのかなーというとそうでもないわけですねー

高圧の水で汚れを落とすのが楽そうだ

簡単に汚れを落とすんだったら自宅前でホースで水をかけても良さそうですが、洗車場にある高水圧はとっても魅力でしたよね!
自宅の水道にシャワーホースをつけて、水に勢いをつけて洗車していると、蛇口のところから水漏れが始まったり、スポーン!とホースが外れたことがあります。

なのでケルヒャーで洗車してる人ってうらやましーなーと思うわけですが、
なんと新幹線もケルヒャー使ってることを発見しちゃいました!!

20140303_01

名古屋駅の東京方面行きホームの下においてあるケルヒャーの本体です。
実際には洗車ではなくて雪落としに使うんだろうなーと思います。

雪の日に米原・関が原付近で新幹線の床下に雪の塊が付着してくるんですが、新幹線が走行中に雪の塊が線路の上に落ちるとけっこう大きなダメージが発生するので名古屋駅停車中に雪の塊を落としちゃうという作戦にケルヒャーが使われているんですね。

新しい車の洗車も汚れを流して落とすだけなのでケルヒャーいいなーと考えてます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ