永遠の0をハワイ旅行に持っていくと

日本からハワイまでは7時間くらいかかるので
機内で何をするかって考えて、今年は永遠の0(永遠のゼロ)を読むことにしました。

まさか映画化決まってるとは知らずに読んだんだけど
久しぶりに泣けた小説でした。

主人公はしゃべらないんです。
戦争中にそばにいた人がずっと昔を思い出して話してるなかに主人公が登場し続けるって感じでラストまで。。。

 

成田からハワイのホノルルまでは、夜の出発便ばかりですので、
離陸してからすぐに機内食、そして機内消灯(減灯ですね)になっちゃいます。

本をゆっくり読む時間は案外なさそうです。

お奨めは、ハワイに数日滞在するときにホテルのテラスで読書したり
ビーチで読書するのが最高です!

hawaii20130703

私は滞在最終日、帰国前日に朝からヒルトンワイキキのプライベートビーチに出かけました。
ヒルトンワイキキはタオルが無料で借りれるんです。

フロントカウンターに行って、タオルカードが欲しい!と言えば
オレンジ色のタオル貸し出しカードがもらえますよ。借りたい枚数分のカードをもらってください。
このとき部屋番号と名前を聞かれます。

ビーチで読書するときは大きなタオルを2枚借りておくと便利です。
一枚を敷き物にしてもう一枚を枕代わりにしたり、海に入ったときにさっと拭きとるのに便利です。

 

私は午前10時くらいから読み始めました。
すぐ近くに真珠湾があるので、ちょっと空を見て
この空で戦争があったのか。。。と複雑な思いになるというか、感情移入がしやすくなっちゃうんですかねー

正午くらいまで読んでいると背中がひりひりしてきましたので部屋に引き上げました。
ちゃんと日焼止め塗ってないとやけどになっちゃいますのでご注意!

読みかけのまま帰国便に搭乗します。
帰りはずっと日中なので読書に向いてますよねー

ミッドウェイ諸島の上のほうも飛んで帰国するので
永遠の0を読みながら、ちょっと窓の外の雲や海をみると
同じような景色を零戦から見ていたのかーと感慨深くなってしまいました。

永遠の0を太平洋上空でクライマックス近くまで読み進めるのはとっても贅沢な時間でした!

映画も公開されるんだけど
機内での読書にもピッタリでおすすめです。

 

百田さんといえば関西人にはナイトスクープの面白い放送作家さんというイメージが強いんだけど
いつの間にかすごい作家さんになってたんですねー

次は海賊とよばれた男を読んでみようと思ってます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ